ホーム > バザール > おいしいものコラム >

2005年

おいしいものコラム

第19回「黒胡麻ホットケーキ新発売」

2005年12月19日 22:59

2005年12月19日 第19回「黒胡麻ホットケーキ新発売竏衷ャさな胡麻にかくれたパワー」 研究部Cチーム  魚井伸悟  マリンフードでは2005年の秋から新商品として黒胡麻ホットケーキを発売いたしました。今回はこの黒胡麻ホットケーキの中心的材料、黒胡麻についてご紹介したいと思います。  胡麻は学名をSesamun indicumといい、一年草の植物で起源はアフ...

第18回「プロセスチーズの作り方」

2005年10月28日 22:57

2005年10月28日 第18回「プロセスチーズの作り方」 研究部Bチーム 八木涼花 一言に「チーズ」と言っても「ナチュラルチーズ」と「プロセスチーズ」に分けられるのは何度か このコラムでもご紹介してきました。ここで簡単に復習しておくと「ナチュラルチーズ」とは 牛や山羊から搾取した原料乳に乳酸菌やレンネット(仔牛の胃から抽出した酵素)を加え 凝固させ、熟成させたもの。原料...

第17回「乳化~マーガリンを作るために必要な働き~」

2005年8月18日 22:56

研究部Aチーム 川村敏美  マーガリンは全体の約80%が油脂、約16~7%が水で出来ています。つまり、マーガリンはほぼ油と水から出来ている食品、と言っても間違いではないでしょう。  でもちょっと思い浮かべてみてください。油の中に水を注ぐとどうなりますか?よくかき混ぜても、そのまましばらく放っておくと、油と水の二層にきれいに分かれてしまいますよね。昔から、お互いに性質が合わなかったり、仲が悪いこと...

特別編「トランス脂肪酸(トランス酸)について」

2005年8月10日 22:56

2005年8月10日 特別編「トランス脂肪酸(トランス酸)について」 研究部長 佐永田実 最近、マスコミに取上げられました「トランス酸」について御説明申し上げます。   ● トランス型脂肪酸(トランス酸)について (1) トランス酸は液状の油脂を固める為に液状油脂に「水素添加」工程を施すことによって油脂中に発生し、それを利用した...

第16回「ホットケーキの原材料のひみつ」

2005年6月28日 22:55

2005年6月28日 第16回「ホットケーキの原材料のひみつ」 研究部Cチーム リーダー 金田亜喜子 ホットケーキを作るとき何を使いますか?そうです!「小麦粉」「たまご」「砂糖」を配合して作ります。 一般的にホットケーキを作る時は「ホットケーキミックス」を用いて作りますがこの中には「小麦粉」はもちろんのこと、砂糖などの甘味、ミルク風味、ふっくらさせるベーキングパウダーが...

第15回「ナチュラルチーズの分類」

2005年4月28日 22:54

2005年4月28日 第15回「ナチュラルチーズの分類」 研究部Bチーム 中村大樹 一言に「チーズ」と言っても「ナチュラルチーズ」や「プロセスチーズ」があるのは、皆さんご存知かと思います。今回は、「ナチュラルチーズ」には一体どんな種類があるのかを簡単に見ていきましょう。 1.フレッシュ(非熟成)タイプ 乳に酸や酵素を加えて凝固させ、水分を取り除いた...

第14回「マーガリン類の分類」

2005年2月 1日 22:53

2005年 第14回「マーガリン類の分類」 研究部Aチーム 川村敏美  第8回コラム『マーガリンってなに?』の中で、「バター」と「マーガリン」の違いについてご紹介しました。今回は「マーガリン」についてもう少し詳しく見てみましょう。  日本農林規格(JAS)において、マーガリン類は「マーガリン」と「ファットスプレッド」の大きく2つに分類されています。みなさんが朝食のトー...

第13回「焼き色」について

2005年1月 1日 22:52

2005年 第13回「焼き色」について 研究部Cチーム 荒井亮太  ホットケーキといえば、あのこんがりとしたきつね色が特徴ですが、どうやってあのような焦げ色になっているのかと思う人が多いかと思います。  どら焼やホットケーキの表面の焼き色は、メイラード反応というアミノ酸と糖類が結合する反応でその反応によってメラノイジンmelanoidinsというきつね色の物質が生成され...
最新のおいしいものコラムbtm

カテゴリーbtm

年間アーカイブbtm


マリンニュース