ホーム> バザール >

消費者モニター調査会

消費者モニター調査会

第18期 第3回来社モニター調査会

 2015年9月10日(木)と9月30日(水)に18期目の第3回来社モニター調査会を開催致しました。9月といえどもまだまだ暑い日が続く中、今回は1日目27名、2日目19名、両日合わせて46名の消費者モニター様にご参加いただきました。また、今回の2日目より消費者モニター様に加えて、来年度入社予定の内定者にも一部参加いただきまして、2日間で合計52名のモニター様をお迎えして、アンケート調査を行わせていただきました。

 バター関係では、色物バターに関する官能検査や、燻製バターに関する官能検査を行い、多くのご意見をいただきました。特に燻製バターに関しては、香りの強さと好みの関係にて想定とは異なる面白い結果が得られ、今後の改良の良い刺激となりました。
 チーズ関係では現在発売されているスティリーノに関する他社品との比較官能検査や、色物キャンディチーズの官能検査を行いました。他社品との比較では、弊社商品に対する厳しいご評価をいただく場面もあり、すでに発売されている商品を見直し、更なる改良に取り組む必要があると再認識致しました。
 ホットケーキに関しては、現在発売中の弊社商品3点に対する比較官能検査や、添付品の種類や容量に関するアンケートを実施しました。お客様により好まれる商品を目指して、より一層の改善を進めて参ります。

 今回の弊社商品についての勉強会は、「マーガリン」をテーマに実施いたしました。マーガリンの作り方や、バター、ファットスプレッドとの違い、そして昨今関心の高まっているトランス脂肪酸に関して説明させていただきました。今後マーガリン類を購入する際の参考になれば幸いです。

 モニターの皆様からいただいたご意見には、日々の開発業務の中で気付かずにいたような内容や、予想に反するものも多くあり、大変勉強になりました。この貴重なご意見を参考に新商品開発、既存品の改良を進めていきたいと思います。
 次回は11月の開催を予定しております。肌寒い季節になりますので、体調にお気をつけてお越しください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。


以上
モニター委員
小林 泰丈
最新の消費者モニター調査会btm

年間アーカイブbtm


マリンニュース