マリンフード トップ > バザール > パブリシティ > 2017年 >

食品産業新聞 2016年(平成28年)12月15日(木曜日)

パブリシティ
食品産業新聞 2016年(平成28年)12月15日(木曜日)

「ヴィーガン」シリーズ2品発売

菜食主義、アレルギーに対応

 マリンフードのマーガリン・バター類の今期(16年12月期)の状況は、バター需給が一変し潤沢な状況の中、バター、コンパウンドマーガリンの荷動きが低迷した。同社独自の色物や小型マーガリンは堅調に推移している。  商品面では、8月25日に「ヴィーガン」シリーズ2品(ソフト・シュレッド)を新発売した。味の評価もよく、初動は順調だ。重点商品と位置付けて展開する。
 スプレッドタイプの「私のおいしいヴィーガンソフト160g」は「コレステロールゼロ」「水溶性食物繊維配合」といった、消費者の関心が高い商品コンセプトを持つ。ヘルシー志向の消費者に訴求する。
 さらに、動物性原料と27品目のアレルゲン原料不使用のため、「ヴィーガン(完全菜食主義者)」「ベジタリアン」や、食物アレルギーに対応する。発売後、「こんな商品が欲しかった」という消費者の声が寄せられ、手応えをつかんでいる。
 同シリーズの姉妹品として、使い切りタイプ「ヴィーガンソフト7g」を年明けに発売する予定。一般の人はもちろん、食事摂取を制限している人も安心して食べられる。学校・病院給食や健康食品関連、一般量販店、ファミリーレストラン等各方面から引き合いが増えつつあるという。同シリーズを、来春からの各種展示会に向けて積極的にアピールする。
 その他の新商品では、「私のシリーズ」より、「私のアーモンド&バターブレンド150g」を今秋発売した。
 今後の商品開発では、食生活が多様化する中、「ヴィーガン」シリーズのように、市場になかった商品、「こんな商品が欲しかった」というサイレントカスタマーに応えられる商品の開発に力を入れる。