1. トップ
  2. パブリシティ
  3. 日本食糧新聞臨時増刊「食は"いのち"と"こころ"の糧」 2015年(平成27年)9月30日(水曜日)

パブリシティ

新聞 日本食糧新聞臨時増刊「食は"いのち"と"こころ"の糧」 2015年(平成27年)9月30日(水曜日)

スティリーノ躍進。燻製バター・チーズの新ジャンルにも挑戦

吉村直樹

代表取締役
吉村 直樹社長

 マリンフードは、マーガリン・バターとホットケーキ、チーズの3本柱で展開している。その時々のマーケットを見据えた、新発想の商品開発に独自性があり、例えば、ポーションマーガリンや、ガーリックなどのフレーバーマーガリン、植物油脂を主原料としたチーズ代替「スティリーノ」など、ユニークな商品を次々誕生させている。そうした商品を、新市場を創造する広報・宣伝、営業を行いながら地道に育成し、マーケットに定着させている。
 うち最も伸長しているチーズ事業は、今期(12月期決算)6月までで、金額ベースで前年比10.5%増、物量同7.2%増と好調。乳製品の需要拡大が見込めるアジア諸国を中心に、海外戦略にも積極的で、すでに台湾や香港、タイに向けて販売している。チーズに関して日本は後発国だが、PCの多様なフレーバー、アイテムで「欧米やオセアニア諸国製品と比較しても強みがある」と確信し、海外の食品展示会に出展しPRに努めるとともに、現地の食品企業や流通業と取り組み、規模拡大中だ。
 スティリーノに関して、同社が07年、原料チーズの国際相場高騰に対応し独自開発したもので、今や末端商品ベースで年間生産量2,700t、金額で25億円商材に育成され、メディアや市場からチーズ代替というより、ナチュラル、プロセスチーズに次ぐ"第3のチーズ"と認識されている。
 植物性油脂が価格変動を受けにくいため、一般的なチーズより安価で、乳製品価格高騰が急成長の要因だ。
 加えて、味や溶け具合などでチーズと遜色ない上、冷めても軟らかく、チーズ嫌いでも受け入れやすく、需要の裾野が広い。特に一般的なチーズよりコレステロール値が低く、健康志向商品としてのポジションを確立。流通PBや留め型で配合比率「コレステロール○○%カット」と明記した商品が多数、売場に並んでいる。
 加えて同社の、BtoCとBtoB、Webなど全方位型ブランド戦略や、地道な認識向上活動を継続させている。さらに年初、溶けやすさやヘルシーさでバージョンアップさせるなど、品質面での進化を続けている。
燻製バター

ミルクを食べる乳酪 私の燻製バター

 さらに新ジャンルへの挑戦を続け、年初に発売した「ミルクを食べる乳酪 私の燻製バター」を発売。その名のとおり、バターを燻製したもので従来、高級レストランなどの手作り商品はあった。バターは30℃程度で溶けてしまうだけに、冷燻という方法で長時間かけて燻すのが一般的で、希少価値の高い高級食材に限られていた。
 だが同社は、バターが溶けず短時間で燻製する特別な方法を確立し、安定的に買い求めやすい価格で提供できる体制を整え、商品化に至った。この技術で今秋、「燻製チーズ」を追加した。