食の安全

マリンフードでは研究部門を商品群ごとにグループ分けし、マーガリン類、チーズ・ピザソース類、ホットケーキ・パンケーキ類のそれぞれに専門特化した研究開発を行っています。そして原料調整や生産工程開発、完成品検査、衛生検査に至るまで、その商品を熟知した研究スタッフがトータルに実施。これにより研究スタッフの専門知識の向上はちろんのこと、各グループの目的がメンバー全員に浸透し、品質管理面や既存商品のレベルアップ等に大きな成果をあげています。また新製品開発プロジェクトにおいては、研究部門のみならず、経営陣、生産部門、営業部門より選抜されたメンバーが参画し、まさしくあらゆる角度から新製品の姿を具現化していきます。その理由は発想実現の確立と効率をより高くするため。スムーズな商品化を可能にしているのは、トップ及び各部門のエキスパートたちによる確固たる協力体制に他なりません。
 
長年蓄積されてきたノウハウをもとに、時代の新技術と独自の発想を加味することで、より画期的な製品づくりを実践しています。   定例化されているグループ会議により消費者ニーズに根差した商品改良や開発のテーマが検討されます。
     
   
独自に設定した詳細な検査項目をクリアすることにより、製品は常にパーフェクトな品質管理を受けています。