マリンフード トップ > 企業館 > 採用情報 > 先輩紹介 >

生産 - ミスの起こらない体制を整える

- 採用情報 - 先輩紹介 - 生産

ミスの起こらない体制を整える
千秋 正信

生産管理室 管理課
千秋 正信
神戸大学大学院/農学研究科/資源生命科学専攻
2012年4月入社

 私は、入社して5ヶ月間ホットケーキを製造する第3仕上げ係とチーズソース等を製造する第4仕上げ係で研修を受け、9月より生産管理室に配属になりました。現在は主に、マーガリン類の原材料・包材の発注および在庫の管理を行っています。工場は生産計画に沿って製造を行うので、資材の管理にミスがあると、最悪の場合、生産がストップし、会社の損失につながります。ですので、このようなミスが起こらない体制を整えることも最も重要な仕事の一つです。日頃の業務から改善すべき部分を見つけ対策を考えます。また、手配に時間のかかる資材などは、実際の使用量に対して、注文する量が多いと余ってしまいますし、少ないと十分な数の製品を作ることができなくなり欠品に繋がってしまうので、業務課から今後の出荷予定を聞くなどして適正な数量を決め、発注を行います。このように、時と場合に応じて、各部署や仕入業者の方からも情報を集め、上司とも相談をして資材の手配を行うため、仕事をするうえではコミュニケーションが欠かせません。うまく情報伝達することが難しいと感じることは多々ありますが、日々、先輩社員の電話応対や報告を見て勉強しています。まだまだ未熟ですが、難しい反面、責任ある仕事をさせていただいき、やりがいを感じています。
 また、マリンフードには部活がたくさんあります。私も昨年ランニング部を創りました。練習や大会などがあり、呼びかけると先輩社員も喜んで参加してくださいます。仕事で接する機会の少ない方とも、コミュニケーションをとれるのでとても楽しいです。面倒見の良い先輩方が多いのも、マリンフードの魅力だと思いますので、会社説明会などで雰囲気を感じていただければと思います。