マリンフード トップ > 企業館 > 採用情報 > 先輩紹介 >

営業 - マリンフードに入社して

- 採用情報 - 先輩紹介 - 営業

マリンフードに入社して
河野 楓

東京支店 第1チーム
河野 楓
明治大学 / 農学部 / 農芸化学科
2014年4月入社

 私はマリンフードに入社してから、今年で4年目を迎えます。入社当初は半年間泉大津工場での現場研修を受けさせて頂いた後、東京支店に配属になり1年間の業務課を経て、1年程前から営業の一員としてマリンフードの商品を多くの方々に食べて頂けるよう日々営業活動を行っています。
 私は東京23区の一部と千葉県の一部を担当エリアとし、業務用営業であれば卸問屋へ訪問し商品の提案を、家庭用営業であれば量販店のバイヤーに対して商品の提案、陳列、試食販売等を行います。担当が業務用と家庭用で分かれていないので、視野を広く持ち様々な情報を商談に活かしていく事が大切です。
 また、マリンフードの営業は「訪問」を重視しています。お客様の立場に立った提案をする為にはお客様とコミュニケーションを重ね、信頼関係を築くこと......それは「訪問」を続けることで成り立っていくものです。その結果、商品が採用されたり、お客様から「おいしい!」という声が聞けたりするととても嬉しく、仕事のやりがいへ繋がります。 私は食べることが好きで将来は食に携わる仕事をしたいという想いをずっと持っていました。大学は農学部に所属して食品に関することを勉強し、就職活動では食品業界を中心に沢山の会社へ訪問した中でマリンフードと出会いました。少子高齢化で今後の市場規模縮小を懸念する食品会社が多い中、唯一マリンフードの社長からは食のフィールドの可能性はまだまだあるという話があり感銘を受けたことを今でも覚えています。
 マリンフードならではの制度は沢山ありますがその中でもクラブ活動が盛んに行われており、普段仕事で関わる機会の少ない社員とも交流出来、そこで築き上げた人脈が仕事でも生かされています。
 就職活動中の皆様も是非沢山の会社に足を運び、自分のやりたいことだけに拘らず、様々な面から自分に合うか合わないかを見極め、働きやすい会社を見つけてください。