マリンフード トップ > 企業館 > 採用情報 > 先輩紹介 >

営業 - マリンフードに転職して感じたこと

- 採用情報 - 先輩紹介 - 営業

マリンフードに転職して感じたこと
掛本貴大

広島営業所
掛本貴大
城西大学/経済学部/経済学科専攻
2015年4月入社

 一昨年、中途社員としてマリンフードに入社しました。前職は個人向けの不動産の営業をしており、法人向けの営業経験はありませんでした。4月に入社した事で新卒の入社社員と肩を並べて研修を受けさせて頂けたので、幸運にも沢山の同期ができました。研修内容としては4つの全部門(研究、生産、営業、管理)の先輩から座学で各部門の基本方針などを学び、現場研修として本社のホットケーキ工場と長浜のチーズ工場で約2ヵ月の製造作業をさせて頂き、最後に大阪支店で営業現場の研修を受けさせて頂きました。
 研修を通していろいろな部署の先輩方から多くを学んだ後、広島営業所に配属されて、今では担当エリアである広島、山口、鳥取、島根を中心に営業車で既存や新規のお客様訪問を行い、当社製品の提案を行っております。当社の製品には家庭用と業務用があり、家庭用はスーパーマーケットなどに並んでいる商品、業務用は食品問屋や商社を通して街中にあるホテルやレストランなど飲食店や食品工場の食材として使用して頂いており、お客様は多岐に渡ります。マリンフードの営業活動はお客様訪問を重視しています。お客様からの要望に素早く応える事で信頼関係を構築し、新たな取引きも生まれてきます。私が提案した商品がお店に並んだり、パンや惣菜などの具材に採用して頂けた時はとても嬉しいものです。
 又、休日も月1回の有給休暇取得制度の他に、お盆や年末年始、入社後5年毎の長期リフレッシュ休暇などもあるので、郊外の飲食店巡りや綺麗な景色を見に行くなどして休日を過ごし、明日からの鋭気を養って充実した毎日を続けています。