- 社員教育 -

社員教育強化プログラム
基準期間は毎年4月1日~翌3月31日の一年間とする。
営業部門・・・各人2年に1度の受講
生産・研究部門・・・Ⅲ等級以上は2年に1度、Ⅱ等級以下は3年に1度受講
管理部門・・・各人2年に1度の受講
II.夏期幹部研修会(1泊2日)
係長職以上の全員。講義とグループ別テーマ取組みと発表。
III.事業発展計画発表会と内外講師による講演会
―基準期間内に社内研修を受講しないものが対象―
営業部門・・・各人3~4年に1度の受講
生産・研究部門・・・Ⅲ等級以上の社員が3~4年に1度受講
管理部門・・・各人3~4年に1度の受講
全社員が18の職場単位にグループ分けされ、各グループから0~4名指名され、受命者は2か月間で正社員4件、準社員2件の提案提出を義務付けられる。サイクルは3年に一度順番が回ってくる。
外部スキルアップ研修(ビジネス文書検定、第一種衛生管理者など)
年3回(生産は年2回)営業・生産・管理・研究に分かれて実施
製造・生産管理・研究部・業務課・泉大津出荷係、経理課、総務課と各部署で実施
定期学卒新入社員、中途入社員、パート・アルバイトが対象
X.新入社員研修(2泊3日)
定期学卒新入社員全員+中途入社社員の一部+指名された中堅社員
製造一課、製造二課、泉大津、長浜の4部門に分かれ、各々を中級A、B、初級A、Bにグループ分けし、年2回(原則として9月と2月)に実施する。受講頻度は2年に1度する。
従業員意向調査書、成績評価基準書をもとに、7月の賞与支給後8月末までの期間にIII等級以上の社員役員対象に実施
年に1度工務技術を競い、生産現場作業員、研究員、事務職員対象にコンクールを行う。
事務職員、営業マン、研究員、工務スタッフ、生産係長以上及び希望者を対象に年1回クラス別に開催。
年に1度事務職員、営業マン、研究員、生産係長職以上及び調合スタッフ、工務スタッフ対象にコンクールを行う。
2年に1度ベストプレゼンテーターを競い、営業、研究、事務職員、その他幹部社員及び新入社員(短大以上)を対象にコンクールを行う。
XVII.第1種衛生管理者免許受験
研究員、生産管理スタッフ、総務スタッフが対象
XVIII.平成27年度特別研修・柿内ゼミ
工場長以下工場スタッフと研究関係者参加による環境整備ゼミ。