- 社員教育 -

社員教育強化プログラム
XIII.工務大会
「自分たちで直す工場」をテーマに、年に1度、実践的な種目で工務技術を競う大会。生産本部、研究部、出荷係を対象に実施。繰り返し予選を行い、8月に決勝戦を行う。

1.対象者
(1)本社:生産本部係長以下、研究部主任以下、業務課出荷係長以下全員
(2)泉大津・長浜工場:全部署係長以下全員 ※契約社員は希望者のみ参加
(3)外部業者の参加:工事業者
※平成28年度参加者参加人数191名(本社83名、泉大津54名、長浜49名、外部5名)。

2.目的
生産技術のグレードアップと伝承、継承。
・実践的な技術の習得と基礎的技術の向上を目指す。
・外部業者との競争意識により、更なる技術レベル向上を目指す。

3.要項
1次予選は外部の方も含めて各組5~6名で競い、各組上位2位が二次予選へ進出、3~4位が敗者復活戦へ。敗者復活戦では各組6名で競い、各組上位1名のみが二次予選へ進出。2次予選は各組5~6名で競い、各組3位が準決勝へ進出。準決勝は各組6名で競い、上位2位が決勝戦へ進出。決勝戦は6名で実施します。

【競技種目案】
1 )配管継手競技:配管施工技術を競う。
2 )電気回路競技:電気回路施工技術を競う。
3 )筆記試験:工具の名前、使用用途についての知識を競う。
4 )キャスター競技:キャスターの取り換え技術を競う。
5 )シーケンサー競技:シーケンサープログラム作成技術を競う。

4.平成28年度の成績
1位 大本 裕晃(泉大津生産管理課員)
2位 松原 政稔(工務係係長)
3位 福田 裕志(工務係泉大津駐在)

5.スケジュール
2~4月
工務大会実行プロジェクトにより工務大会内容企画、立案。

工務スケジュール