マリンフード トップ > お客様相談室 >

バターに関するQ&A

バターに関するQ&A

カテゴリー

燻製バターはお酒にあいますか?
ワインのお供に、あるいは、ビールのおつまみとしてもそのまま食べることができます。
クラッカーやフランスパンの上にのせてオードブル風にアレンジしていただきますと、一層華やかでお酒もすすみます。
賞味期限を過ぎてしまったマーガリンは使っても大丈夫?
賞味期限は、その商品を美味しくお召し上がりいただくために当社が種々の検査・検証を経て設定している期限であり、この期限を過ぎると直ちに腐敗してしまう、という訳ではございません。しかしながら、賞味期限を過ぎますと、主原料である油脂の劣化や水分の蒸発による乾燥などが進行いたしますので、賞味期限内にご使用いただくことをお勧めいたします。
なお、商品に記載されている賞味期限は「未開封」の状態における期限ですので、開封後は賞味期限にかかわらずお早めにお召し上がりください。
燻製バターはどうやって作っているのですか?
バターは30℃程度で溶けてしまいますので、通常の燻製方法では燻製バターを製造することができません。詳細は企業秘密となりますが、マリンフードではバターが溶けない温度で燻製にする製法を確立しました。りんごチップを用い、バターを実際に燻して燻製バターを製造しています。
バターが黄色い気がしますが、なぜですか?
 バターの原料となる牛乳の風味や色調は乳牛の食べる餌に影響されるため、原産国や産地によって色調や風味に違いがあります。
 例えば、マリンフードのバター製品の主要原産国であるニュージーランドでは乳牛は広大な牧場で放牧され、カロテンを多く含む牧草を食べて育つため、黄色味が強いバターになります。一方、国内ではとうもろこしや小麦、大豆かすなどの配合飼料等を与えて乳牛を育てるため、白っぽいバターになります。
 マリンフードのバター製品は、バターの原産国を限定しておらず、様々な国のバターを使用する可能性があります。製品にはバターの原産国を表示しておりますので、確かめてみてください。

電話でお問い合わせ

0120-014-961
受付時間:平日9:00~17:00
  • 土日祝日、年末年始、その他設備メンテナンス日は休業とさせていただきます。
  • お客様とのお電話でのやり取りは、内容確認のために録音させていただいております。

メールでお問い合わせ

  • お問い合わせいただきました内容によりましては、お返事に若干お時間を頂く場合やお返事をする順番が前後する場合、お返事できかねる場合がございます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

手紙でお問い合わせ

〒561-0814
大阪府豊中市豊南町東4-5-1
マリンフード株式会社 宛
お客様の声
おいしいものコラム