1. トップ >
  2. 企業情報 >
  3. 採用情報 >
  4. 先輩紹介 >
  5. 生産管理の仕事とやりがい

先輩紹介

望月 翔太

望月 翔太

生産長浜生産管理課

山形大学 / 大学院理工学研究科 / 生物学専攻
2013年4月入社

生産管理の仕事とやりがい

 現在私は生産管理の仕事に就き、製品を製造するにあたり使用する包材(フィルムや段ボールなど)、副原料(アーモンドやペッパーなど)、消耗品(手袋や機械油)の発注と、工場内外在庫の管理を行っています。資材の在庫確認を怠ったり、発注を間違えれば、最悪、丸一日何も生産が出来なくなり、会社に大きな損失を与えてしまう、責任のある仕事です。

 また、毎日変更する生産計画にに迅速に対応し、不足無く資材を揃えることが、この仕事のやりがいです。資材を不足させてはいけない一方で、反対に溢れさせてもいけません。生産直前の計画変更により資材が余ってしまうこともありますが、それを最小限に抑えることも必要です。予定より多く生産できる可能性のあるものは少しだけ余裕をもって在庫することも大切で、このバランスを上手く取ることが、生産管理の仕事の難しいところでもあり、面白いところでもあります。

 また、生産管理では防虫対策も行っています。食品メーカーの為、工場内部への虫の侵入には、特に敏感です。私の勤務する長浜工場は琵琶湖の近くということもあり、外部に虫が発生しやすい環境ではありますが、空調のフィルター掃除、ネット設営などにより、虫の侵入を防ぐことで、安心、安全な食品づくりに貢献しています。他にも、工場内の排水処理施設の管理も行っています。弊社では、生産で使用した洗浄水をそのまま下水に放流するのではなく、敷地内にある排水処理施設を通った処理水を放流しています。この排水処理施設を管理し、良好な状態に保つことで、下水道に汚水が流れることを防いでいます。

 どの仕事も一見地味に見えるかもしれません。しかし、誰かがやらなければならない大事な仕事です。生産管理は、そのような生産に関わる人、物を広く管理しています。