1. トップ >
  2. 工場紹介 >
  3. 泉大津工場 >
  4. ミルクを食べるキャンディチーズができるまで

ミルクを食べるキャンディチーズ
ができるまで

How to produce Candy Cheese ミルクを食べるキャンディチーズ
1
原料
原料

原料チーズを溶解しやすくするため、機械で細かく砕いてきます。

2
加熱
加熱

砕いたチーズと牛乳、乳化剤を乳化釜に入れ、加熱溶解します。

乳化とは?
水の中に油が、あるいは油の中に水が分散した状態を”乳化”といいます。安定した乳化状態を保持するのが”乳化剤”とよばれる物質です。
ナチュラルチーズを単に加熱して溶かしただけではチーズの成分が分離してうまく混ざり合いません。”乳化剤”により、混ぜ合わせたチーズを均一化します。
3
充填
充填

できあがった生地は配管により送り出され、筒状のフィルムに充填されます。冷却、カット後、ひねり包装することでキャンディの形に成形します。

4
検品
検品

金属探知機に通した後、外装異常がないか目視検品を行います。

5
包装
包装

1パックずつ包装された後、段ボールに納められ、製品として完成!品質管理のチェックを経て出荷されます。