1. マリンフードトップ >
  2. パブリシティ >
  3. 生協流通新聞 2012年(平成24年)7月5日(木曜日)

パブリシティ

新聞 生協流通新聞 2012年(平成24年)7月5日(木曜日)

月間10万袋と好調

日生協PBのミックスチーズ

写真
 マリンフード(本社・大阪府豊中市)が4月から受託製造を開始した日本生協連の「CO・OPとろ〜り ミックスチーズ」と「同バター(個包装タイプ)」が、好調な出足を見せている。
 「CO・OPとろ〜り ミックスチーズ」は、ゴーダチーズとモッツァレラチーズを小さめにカットしてブレンド。400g入りのたっぷり使える大容量タイプで、組価398〜448円と値ごろ感も高い。
 ほぼ全国の事業連合が宅日企画で毎月採用し、同社出荷ベースで4月が約10万5000袋、5月が約11万7000袋と計画を上回っている。コープネットでは、4月の宅配企画が4万5000袋、店舗が約2万袋の販売だった。
 「同バター」は、8g×16個入りの料理にも便利な個包装タイプ。宅配限定商品で、現在、東北サンネット、コープきんき、CSネットの3事業連合と一部の生協が採用している。
 出荷数は4月が約1万6300個、5月が1万8000個。東北サンネットの初回企画では398円で販売され、計画を上回る約6500個の注文だった。
 今後は、9月から採用するコープネットをはじめ、複数の事業連合や大手生協が採用を予定しており、9月5万2000個、10月10万2000個の出荷を見込んでいる。
 同社は今期、設立55周年を迎え、ロゴマークを刷新。新しい標語「JUMP THE FRIONTIER〜限界を超えて〜」を掲げ、更なる飛躍を目指している。