1. マリンフードトップ >
  2. おいしいものコラム >
  3. チーズ
  4. #33 チーズ業界にも新時代到来?!

#33 チーズ業界にも新時代到来?!

研究部Bチーム課長 魚井伸悟 | 更新日:2008.09.26

2008年09月26日
第33回「チーズ業界にも新時代到来?!」

写真

 昨今、スーパーで買い物をしていると価格改定(値上げ)や内容量変更(減量)が目に付くようになって来ました。皆様の食卓への影響はございませんか?

 我々メーカーもコスト削減や経費削減に励み、少しでもお求めやすい価格でお客様に商品を提供できるよう日々努力しています。しかし原料高騰の波は激しく、たとえばチーズ製品に使われる原料チーズの今年の価格は昨年に比べ約1.8倍、一昨年に比べれば約2.0倍という勢いです。

 そんな中、今、チーズの業界ではチーズの代替品というものに注目が集まっています。「イミテーションチーズ」、「アナログチーズ」と言われたりもしていますが、一般的には植物油脂や乳タンパクなどをもとに加工し、チーズのような風味、性質を持たせた"チーズのようなもの"で欧米でも以前から研究されていました(もちろん正式にはチーズとは呼べません)。ちょうどバターが高騰した折にバターの代替としてつくられたマーガリンをイメージしてもらえればよいでしょうか。

 マリンフードでもこのチーズの代替品の開発に力を注ぎ、昨年の冬には業務用として「スティリーノシュレッド1kg」、「チーズ&スティリーノシュレッド1kg」、「スティリーノダイス1kg」、「チーズ&スティリーノダイス1kg」を発売し、今年の夏にはさらに改良を重ね、業務用として「チーズ&スティリーノシュレッドライト1kg」家庭用として「新食感とろ~りやわらかシュレッド200g」、「新食感とろ~りやわらかシュレッド50g」を発売します。
 (スティリーノとは『未来のチーズ』という意味がこめられた造語です。)

 弊社のこれらの商品は、チーズのような風味、性質を持たせつつ、コレステロールはチーズに比べて半分以下という特徴を持っています。今はまだ馴染みが薄いかもしれませんが数年後、数十年後には当たり前のように皆さんの食卓に並んでいるようになっているかも知れませんね。